« オートリゾート苫小牧アルテン冬キャンプ&総会 | メイン | 第2回例会 帯広市ポロシリ自然公園オートキャンプ場 »

北海道オートキャンプ大会2010inニセコ

date:2010/6/26~27
 

10campfes04.jpg
 

今年の「北海道オートキャンプ大会」はニセコで実施しました
新緑もまぶしいニセコの高原で初夏の清涼感や自然を味わつつキャンプをしようというのがニセコを選んだ理由です
 

10campfes35.jpg
 

それに今回はキャンプ大会ということもあり20台近くののキャンピングカーが集まることが予想されます
大勢が集まると楽しいのですが、他のファミリーキャンパーと一緒ですと威圧感がありますし、キャンプでのイベントがやりづらいという理由から、キャンプ大会は貸切に出来る場所が必要条件になります
そこで特設会場をニセコアンヌプリ国際スキー場のご好意により特別にお借りさせていただきました
特設会場といっても冬はスキー場の駐車場として利用している場所、夏はボーイスカウトのキャンプなどの会場となるところです
ニセコアンヌプリの主峰やニセコの田園が望めるなど景観も良く、冬のスキー客のためでしょう水洗トイレがあり、未舗装の駐車場ですがそれがかえって適度に草が生えるなどキャンプ場ぽくなっているのもここを使う理由です
 

10campfes17.jpg 10campfes25.jpg
 

温泉がキャンプから徒歩圏にあるのも嬉しい
「にせこいこいの村」にて一風呂
露天にはテーブルそして入り口にはなぜか空き缶入れが・・・
 

10campfes20.jpg 10campfes19.jpg
 

さてイベントですが、昨年「生キャラメル造り」をキャンプ場で実施し好評をいただいたようなので今年も・・・となんだかんだ例年頭を悩ませるところです
ちなみにその「生キャラメル作り」ですが、世の中には同じことを考える方がいるのでしょう
それともこちらのレポートを読んでくださっている方がいるのか、それならそれで嬉しいのですが、その後行われた同様のキャンプのイベントでも行われていたようでちょっとビックリいたしました
 

10campfes10.jpg
 

今年は何を・・・・・・
ということで選んだのが「理科の実験」
テーマは液体窒素
テレビで「でんじろう先生」がやっているのを見たことも多いと思いますが、なかなか生で見る機会のないものの一つです
子供さんも大勢くるので今回はこのイベントを行いました
 

10campfes15.jpg 10campfes16.jpg
 

今回気温が高くなることを予想したわけではありませんが、「液体窒素」を使いアイスキャンディやアイスシャーベット、アイスクリームをキャンプ場で作りその場で食べるというイベントです
液体窒素と言えど専門知識を持ったものが専門の道具を使い行いますので安心です
何せ危険そうな容器から注がれる液体窒素の温度は、マイナス196℃
用意したカップ麺の空き容器に注ぎ込むと、気温でぼこぼこ沸騰してしまいます
その容器の中にマシュマロを入れると、あっという間に凍りつきます
食べてみると今まで味わったことのない触感でした
 

10campfes12.jpg 10campfes14.jpg
 

次に試験管でのアイスキャンディ作り
これもあっという間に出来上がりました
子供からの注文で多かったのがカルピスアイスでした
 

10campfes13.jpg
 

最後にアイスシャーベットとアイスクリーム
マンゴージュースや牛乳に黒糖を混ぜたボールの中に液体窒素を注ぎ込みかき回すとあっという間に出来上がり
その日の気温が30℃くらいはあったでしょう、最適のイベントとなりました
 

10campfes09.jpg 10campfes11.jpg
 

そのほか恒例となった餅つき大会や燻製教室、そして札幌駅前にある「居酒屋ソンブレロ・アラン」のスタッフによる屋台とイベントを組ませていただきました
 

10campfes27.jpg 10campfes26.jpg

10campfes30.jpg 10campfes31.jpg
 

皆さん自分のサイトに篭ることなくイベントに参加いただけたのが嬉しかったですね
それと幸運と言ってよいのか、これでもかってほどの晴天
暑いのなんのって、今回のキャンプ大会が高原で本当に良かった
 

10campfes22.jpg 10campfes23.jpg

10campfes21.jpg 10campfes07.jpg
 
 
その日は早朝に山に登りタケノコを採っておきました
いわゆる朝採りタケノコです
天ぷらにもしましたが、タケノコを皮が付いたまま炭で焼いて皮を剥いて食べるのが好評でした
ちなみにタケノコの皮むきはこいつが大活躍しました
名づけて「むける君」です
 

10campfes29.jpg

 

それとタケノコ採りしたいという方も多く次回への課題になりました
(ちなみに昨年のトムラウシ山遭難事故のようなことは主催者として絶対に避けねばなりません、アウトドアイベントのテーマの一つですね)
 

10campfes33.jpg 10campfes34.jpg

 

開会式の後は交流会
 

10campfes18.jpg 10campfes06.jpg
 

じっくり燻した燻製も美味しかった
ピザの具材にもしましたが、これが差し入れられた生樽ビールによく合いました
焚き火用に薪もふんだんに用意したので、焚き火を囲んで夜が更けるまで生ビール片手にキャンプ等の話題で盛り上がりました
 

10campfes32.jpg
 

翌日はちょうど「ニセコ24時間TV」をやっていてその取材
前の晩に飲みすぎたせいか、それとも飲み足りなかったかハイテンションなインタビューアーとは対照的なおももちのインタビューでした
 

10campfes03.jpg 10campfes02.jpg
 

その後はビンゴゲームをちょっとアレンジした「キャンプdeビンゴ」で、ゲーム
皆さん協賛いただいた賞品を獲得されたようです
 

10campfes01.jpg 10campfes28.jpg
 

今回この大会を主催をしておりますが私どもは北海道キャンパーズ連盟を名乗ったはいてもごくごく普通のキャンパーの集まりでしかありません、今回も参加者の皆さんにイベント用テントの設営を手伝っていただいたり、ゴミの持ち帰りにも協力いただいたりと感謝いたしております
それとこの不況といわれる中このキャンプ大会に協賛いただいた企業のみならず参加者からも協賛品をいただき感謝にたえません
おかげで参加者全員に記念品をお渡しすることが出来ました
スタッフ一同ここに深く感謝いたします
 

10campfes24.jpg


北海道オートキャンプ大会2010inニセコ 実行委員会 一同 
代稿 北海道キャンパーズ連盟 HCF-172 大谷

campnews-2010-1.jpg
当日発刊された「北海道オートキャンプ新聞」(PDF)


北海道オートキャンプ大会①のアルバム
北海道オートキャンプ大会②のアルバム


アルバムについて参加者の方で公開して不都合な写真など有りましたら削除いたしますのでこちら宛にお申し出ください。
 

 【追記】
キャンプ大会当日、北海道新聞の取材があり後志版に掲載されました
 
10campfesnews01.jpg
(北海道新聞 小樽版より拝借)
 

======================================================================

北海道オートキャンプ大会2010inニセコ
                          (敬称略)
 主 催 北海道キャンパーズ連盟
 後 援 社団法人 日本オート・キャンプ協会
 協 賛(順不同)
     ニセコアンヌプリ国際スキー場     
     株式会社サンクラフト
     居酒屋ソンブレロ・アラン
     進誠産業株式会社
     株式会社ロゴスコーポレーション
     株式会社天狗山燃料
     株式会社ユイホーム企画
     株式会社ソーカ
      
=======================================================================

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年06月19日 14:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オートリゾート苫小牧アルテン冬キャンプ&総会」です。

次の投稿は「第2回例会 帯広市ポロシリ自然公園オートキャンプ場」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34