メイン

アルテン・ラストキャンプ アーカイブ

2008年10月27日

チカ釣り・苫小牧アルテンお誘いキャンプ

tika1.jpg
 

これからの時期北海道の港などではチカ釣りが楽しめます
サビキで釣るのが一般的で家族で気軽に楽しめ、天ぷらにするとワカサギに似て美味しい魚です
今回苫小牧西港でチカを釣り、その釣った魚を天ぷらにしてビールのツマミにするっていう名目でお誘いキャンプを実施しました
まずはチカ釣り
苫小牧西港といっても広く東西南北に埠頭や漁港があります
キャンプ前日となる金曜の夜にフェリーターミナル近くの入船公園へ向かいましたが、入港している船が多く車や荷物の積み下ろしで騒然としています


08arten_2-01.jpg 08arten_2-02.jpg

そこで急遽場所を漁港へと移しました

ハモか何かを狙っているのでしょう、漁港には夜釣りの方がポツポツいらっしゃいます
翌朝先端の角になっているところで撒き餌をしサビキをたらしますがまったく釣れません
チカらしき姿すらまったく見えない状況です
チカなどは回遊魚だからしばらくほおっておこうと
 

08arten_2-03.jpg 08arten_2-04.jpg

この漁港で人気の「マルトミ食堂」へ
朝7時だと言うのに人気のホッキ料理目当てに大勢の観光客が来られてました
「ホッキカレー」「ホッキ汁」を注文
その量の多さに唖然としましたが何とか完食
お腹をゆらしながら釣り場に戻りましたがチカの姿はありません
しかたが無いので又場所を移動、勇払埠頭へと向かいます
これが正解
勇払埠頭ではチカの姿がちらほら確認できます
2時間ほどチカに遊んでもらいました
 

08arten_2-06.jpg 08arten_2-05.jpg

噂には聞いてましたが、ニシンも港には入り込んでいました
そうそうフグなども釣れました
食べれるか否かが問題ですがそんなときは勿論リリース
から揚げが旨いって聞いてはいるのですが・・・・・
 

08arten_2-08.jpg 08arten_2-09.jpg


なおここ勇払埠頭は駐車場が広いので船が大挙して入港していない限りキャンピングカーでも遊びにこれそうです
もちろん港は船への搬入・搬出の為の場所ですから、どけてくれって言われればすぐに場所を移さねばならないですが


昼くらいまで遊んで天ぷら分のチカは確保できたので、チェックイン時間に合わせオートリゾート苫小牧アルテンへ

なお前日もそうでしたが天気予報とはうってかわりの好天
普段の皆さんの行いのよさがこういったときにあらわされるのでしょうか
 

08arten_2-13.jpg 08arten_2-14.jpg
 

天気予報が芳しくなかった上、翌週からここアルテンは冬季料金で半額となります
テントキャンパーならしんどいのかもしれませんが、キャンピングカーユーザーにとってはまだまだキャンプは続けるといった方も多く、リーズナブルな料金とあわせキャンパーの憩いの場となるのがこのキャンプ場です
そんなわけでここアルテンには閑古鳥が鳴いてます
ほぼ貸切というなかでお誘いキャンプが出来ると言うことになりました
いつもの大型スクリーンテントを張り、その外では炭を焚き肉やホルモンを焼きます
夜は焚き火で歓談
前述のチカの天ぷらは勿論、メタボが心配となる料理をさかなに夜がふけるまで飲んで楽しみました
 

08arten_2-10.jpg 08arten_2-16.jpg

翌日はたっぷりの朝食のあと、テントに積もった唐松の落葉を払ったうえで撤収
 

08arten_2-12.jpg


「ゆのみの湯」に入浴、昼までのんびりして帰路につきました
今年のクラブでのキャンプはこれで終了、次回はいよいよ忘年会です
      HCF-172 大谷


08arten_2-11.jpg

 

チカ釣り・アルテンでのアルバム(会員専用:ID&パスワードが必要です)


About アルテン・ラストキャンプ

ブログ「北海道キャンパーズ連盟 キャンプレポート」のカテゴリ「アルテン・ラストキャンプ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは雨竜沼湿原トレッキングです。

次のカテゴリはニセコお誘いキャンプです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34