« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

2008年09月08日

美笛お誘いキャンプ

2008/9/6~7
 

bifue30.jpg

 

「美笛キャンプ場・フォレステーション美笛」

巨木の森、透明度の高い湖、悠然と聳える恵庭岳とまさに風光明媚なキャンプ場
オートキャンプ出来るのは勿論、ペット同伴も可能でしかも札幌からも程近い
三拍子揃っているのだが、そのためか週末はシーズンを通し混雑する
 

bifue12.jpg bifue15.jpg
 


というのがここ美笛キャンプ場だった
だったというのは、一昨年前の値上のためか
さほど混まなくなったような気がする
そこで昨年から夏休みの終わったこの時期にお誘いキャンプを実施している

まずはキャンプ場入り口エゾリスが迎えてくれました
 

bifue24.jpg bifue25.jpg
 

さて今回の遊びは支笏湖でのカヌーや美笛川での魚釣り
 

bifue31.jpg bifue11.jpg
 

今キャンパーズではこの「焼き鳥のタレ」が流行っていて
豚串や鳥串をこのタレに付け炭で炙って食べる
 

bifue21.jpg bifue20.jpg
 

これが生ビールに合うんです
ビールサーバー持参でのキャンプが増えてまいりました
ちょっと贅沢にも思えますが、大人数の場合空き缶が激減します
エコを意識すると団体でのキャンプの必需品のような気がします
 

bifue18.jpg bifue19.jpg
 
bifue27.jpg bifue17.jpg
 


他にもダッチオーブンでのローストチキンやピザ
小雨が降っていましたが大きなスクリーンテントは快適
ランタンの灯りの元、夜がふけるまでキャンプなどの話題で盛り上がりました
 


bifue14.jpg 


翌朝は何とか雨も上がり
テントを乾かしたところで撤収
10時にはキャンプ場を後にしました
次は夕張石炭の歴史村
紅葉はまだかな
 


笛お誘いキャンプでのアルバム(会員専用:ID&パスワードが必要です)

2008年09月28日

第3回例会 夕張石炭の歴史村オートキャンプ場

第3回の例会は「夕張市石炭の歴史村オートキャンプ場」で開催されました
 

yuubari17.jpg
 

石炭の歴史村には古くから「ファーミリーキャンプ場」というフリーサイトのキャンプ場がありましたが、オートキャンプ場はその手前に造成されております
このキャンプ場は夕張市が財政再建団体になる少し前、4年ほどの歳月と1億2千万の費用をかけ造られました
いわゆるハコモノの一つといってよい代物ではないでしょうか
財政再建団体となった2007年は閉鎖されておりましたが、石炭の歴史村の運営を受託していた加森観光が今年7~8月の短期間でありましたが、このオートキャンプ場をオープンさせました
 

yuubari25.jpg
 

オープンした7月に一度、視察キャンプを行い評判も良かったことから今回の例会での開催の運びとなりました
地理的に道央圏からは無論、十勝あたりからのアクセスも良いのが嬉しいですね
特に昨今のガソリン・軽油価格の高騰、近場のキャンプ場が混み合う中
そこそこの距離にあるこのキャンプ場はお財布にもやさしいようです
 

yuubari19.jpg yuubari33.jpg
 

山々に囲まれたそのロケーションも悪くはありません
ただ紅葉には少し早かったようです
今回お借りしたBサイトは水道シンクは勿論電源も完備されています
料金もサイト料は3,000円の他に入場料がかかりますが、近くの温泉の入場料(入湯税50円別途)がつきますのでそれほどでもないでしょう
ペット同伴でのキャンプが可能というのも魅力の一つです

今回キャンプ場としての開設期間では有りませんでしたが、団体(10家族の参加)ということでお借りできました、ということで今回もキャンプ場貸切での開催ができました
 

yuubari26.jpg yuubari29.jpg
 

当日多少はぐずついた天気では有りましたが、大型のテントを設営
なかでミーティングそして交流会です
途中「ゲリラ豪雨」かと思わせる事もありましたが、このロゴスの大型スクリーンテント
雨にはびくともしないようです、この辺はタープよりも使い勝手は良いようです
ただし風にはめっぽう弱いのですが・・・・

ミーティングでは夕張市の事情を考慮し今回ゴミは持ち帰ることや
来年度のキャンプ大会開催の意向
そして忘年会開催についてんなど話がもたれました
そうそう例会はこれで最後ですが、最後にオートリゾート苫小牧アルテンにてお誘いキャンプをやりたいなど楽しい話題も飛び出しました
 

yuubari30.jpg yuubari34.jpg

yuubari28.jpg yuubari31.jpg

yuubari32.jpg

 

味覚の秋ということというのか食欲の秋というのか、この時期嬉しいおでんや韓国海苔巻き、ビビンバ、和商市場直送の鱧、舞茸ご飯、鮭半身のホイル焼き、十勝や長沼のジンギスカン、厚真のホルモンなど豪華賢覧な宴会となりました
「百年の孤独」も相伴にあずかりました
 

yuubari27.jpg
 

ところで最近キャンパーズではこのカップが滅法流行っております
サーモスの真空断熱構造のステンレス製タンブラー「シャトルタンブラー」
保温力に優れているため氷が解けにくく、水割りなどにもってこいです
ついでに飲み口も薄く作られている為、口当たりがいいんです
私も毎晩(^^ゞ利用していますが、そのままにしておくと大抵は朝まで氷が残っております
ただ皆さん同じものを使い始めたので次回には名前を付けておかねばならないようです
 

thermos.jpg


翌朝の朝食もタップリ頂きました、誰一人「バナナダイエット」などと言う会員もおりません
写真のトレーは通称「托鉢トレー」これでご馳走を取りもらすことはありません
メタボからの脱却は難しそうです
 

yuubari24.jpg
 

そして例会恒例の全員参加でのゲーム
長沼の農産物を賞品にダーツを楽しみました
 

yuubari22.jpg

yuubari20.jpg yuubari21.jpg
 

そうこうしている間にテントも乾き、撤収解散となりました
 

yuubari23.jpg  

帰りは頂いた入浴券で温泉に入ります
Mtレースイにある「レースイの湯」
露天風呂をはじめこちらも貸切状態
キャンプのあとの温泉は格別です
炭や焚き火で浴びた灰を洗い流します
 

yuubari16.jpg yuubari35.jpg

次回は10月にオートリゾート苫小牧アルテンにて「チカ釣り」を絡めたお誘いキャンプ
11月には冬季間の料金設定となりますが、最初の週となる11月1日には駐車場等はラリージャパンの観戦者用の駐車場として利用されるようですし、混雑しそうなのでその前の週に実施いたします

またの再会を挨拶に帰路に着きました     HCF-172 大谷
 


夕張石炭の歴史村オートキャンプ場でのアルバム(会員専用:ID&パスワードが必要です)

About 2008年09月

2008年09月にブログ「北海道キャンパーズ連盟 キャンプレポート」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年08月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34