メイン

夕張石炭の歴史村視察オフ アーカイブ

2008年07月15日

夕張石炭の歴史村視察キャンプオフ

夕張というと財政再建団体を思い浮かべる方が多いかと思いますが
それまではメロンと石炭が夕張の代名詞となっておりました
特にこれからはメロンの収穫の季節
今回の目的地である夕張から栗沢と続く道からは延々と続くビニールハウスを見ることが出来ます
中を覗いたわけではありませんが、これが夕張メロンのハウスなのでしょう
 
yuubari03.jpg
 

それと今回行きたかったのが「北炭鹿の谷倶楽部(夕張鹿鳴館)」
昭和天皇も泊まられた由緒ある迎賓館だそうで、北炭の絶世を極めていたころは・・・としのばせる施設でもあります
なにやらココも存続(保存)の危機とか
 
yuubari01.jpg
 

肝心のキャンプ場ですが夕張市には2つのキャンプ場がありました
「石炭の歴史村ファミリーキャンプ場」と「丁未風致公園大草原キャンプ場」この2つです
キャンプ場がありましたと断ったのは夕張市が財政再建団体となり、キャンプ場は休止中だったからです

そのうちの石炭の歴史村については
夕張リゾート株式会社(加森観光グループ)が指定管理者として運営
今年今までのファミリーキャンプ場にオートキャンプ場を加えニューアルオープンさせた
そこで新し物好きの会員が集まり今回の視察キャンプオフへの運びになりました
 
yuubari08.jpg
 

今回訪れた石炭の歴史村オートキャンプ場
いままであったファミリーキャンプ場の手前の山の中腹を造成、27区画のサイトが作られた
サイトは(C)電源なし水道付き、(B)電源有りシンク付きと同様の設備の(A)バリアフリーのタイプに分けられる
この分け方が面白くA.B.Cのサイトは段々畑のように一つずつ上に段違いとなっていた
段々となっているおかげで他の段になったサイトとは別の空間のような気がします
ただトイレが一番下の(A)バリアフリーのサイトまで降りていかねばならないので、一番上のCサイトからは少し辛いかもしれません
 
yuubari12.jpg
 

サイトが高くなる分景観も良くなり、夕張の山々がサイトを取巻く景色となります
そういえばこの近くには紅葉山と名の付いた地域があるくらいですから、きっと秋には紅葉狩りができるのでしょう
さて狩るといえば、こういった炭鉱付近の山々には決まって唐松が植えられております
唐松は昔炭鉱で多く使われたようです、成長が早いうえ強くしなる木材ということで坑内を支える資材として重宝されたため、今でも炭鉱近くには多くの唐松林があります
炭鉱の衰退や他の金属系の資材に押され唐松自体の価値はほとんどなくなりましたが
付近には樹齢のほど良さそうな唐松林が見られましたので、唐松の下に生える「落葉キノコ(ハナイグチ)」
そうです秋には採り立ての落葉キノコが路地で売られているのでは・・・と想像してしまいます
 
yuubari06.jpg yuubari05.jpg
 

変な方向へ脱線しましたが、サイトの段へと続くスロープが結構な勾配でした
特に下り専用のスロープは大型車の通行にはかなりの支障があるように見えます
今回管理人に事情を話しわりと緩やかな昇り専用のスロープから降ろさせていただきましたが
それでも一般道と合流する坂の終わりではかなり神経を使った
 
yuubari07.jpg
 

問題はもう一つ
サイトはそこそこの大きさですが、駐車スペースが問題です
駐車スペースの傾斜はそれほど無いが、サイズが普通車を想定したもののようだ
今回入れてみたところYさんのボナンザ26フィートのモデルでぎりぎりといったところでしょうか(もっともサイトを設計した方はこんな車が入ってくるなど考えなかったのだろう)
ということはトレーラーの方がかなりしんどいかもしれません
 

yuubari14.jpg
 

それにもまして観光地として力を入れていた頃に作られた夕張の施設はほとんどが見学可能です
山々に囲まれた景観も中々なものです
夏には美味しい夕張メロンが何処ででも購入できるでしょう
 
yuubari11.jpg
 

何よりも久々に札幌圏に程近いところにオートキャンプ場が新たにオープンしたのは嬉しい限りです
特に私のところからは一時間少々の便利なところにです
そのうえペット同伴でのキャンプが可能(ただしリードは必ず付けてくれとのこと)
料金も電源なしサイトが2,000円、電源付きサイトとバリアフリーサイトが3,000円のうえ
入場料が大人一人1,000円、子供一人500円がかかりますが、レースイの湯の入場券が付きます(入湯税50円別途)のでそれほどでも無いかもしれません
レースイの湯は露天風呂やサウナがあり、ついつい長風呂したくなるところです
 
yuubari09.jpg yuubari04.jpg
 

7月~8月の2ヶ月のみの営業期間が少しもったいないような気がします
是非とも頑張って今後も営業を続けていただきたいキャンプ場です
営業期間も延ばしていただきたいものです
そのためにも機会があれば又訪れようと思います、皆さんもいかがですか

帰る道すがら小腹がすいたところで、グー・チョキ・パン店に寄りパンを購入
美味しいものの多いところでもあります


yuubari02.jpg


              HCF-172 大谷

石炭の歴史村視察キャンプオフのアルバム(会員専用:ID&パスワードが必要です)

About 夕張石炭の歴史村視察オフ

ブログ「北海道キャンパーズ連盟 キャンプレポート」のカテゴリ「夕張石炭の歴史村視察オフ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは③夕張石炭の歴史村です。

次のカテゴリは忘年会アラン・SKY-Jです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34