« 2006年12月 | メイン | 2007年04月 »

2007年02月 アーカイブ

2007年02月10日

キャンピング&RVショーin幕張メッセ

date:2007/2/10~12


07rvshow01.jpg

 雪まつりの喧騒から逃れるようにと今年もまた幕張メッセを会場に開かれた
「DREEAMOUTDOOR キャンピング&RVショー」へとやってきました
 会場には昨年話題となった団塊の世代の一斉退職、そんな方だろうと推測される人を随所に見かけます
 お目当てはどうやら「軽キャンパー」のようです
 私見で申し訳ないのですが、その「軽キャンパー」1ボックスやトラックの軽自動車に架装を加えたものですから、どうしても手狭になります、確かに自動車税・重量税・自賠責等と割安なのは認めますが車両価格もそこそこのお値段、これなら同程度かもう少し予算を増やせばバンコンに手が届くと、お節介なことを考えづにはいられません

 ところが自分自身を振り返り考えてみると、山菜取りや渓流釣り、海釣りと駐車場が整備されていないところで車の通行に差し障ることなく車を止めて山菜取りなど楽しんだり、その前後の食事や仮眠などを考慮すると割と使えそうです、普段の足は軽自動車ですのでこれは次の入れ替え時の候補の一つになるやも知れません
 やはり購入者の立場から考えると多品種あれば選択肢や使い道が増えるのでこういったことは良い傾向かもしれません

07rvshow02.jpg 07rvshow03.jpg

 次にバンコン、宣伝しなくても売れる車といわれるハイエース、今回も多数展示されておりました
 自走式に限った話ですが、キャンピングカーも1台購入したらそれで終わりということではなく、自家用車同様にその車暦というものが存在します
 パターンの一つとしてですが、魚釣り例えて云えば「フナ釣りにはじまりフナ釣りに終わるように」「バンコンにはじまり、ちょっと手狭になりキャブコン、そして輸入車などを経由して最後はバンコン」こんなイメージを描いてしまいます、なにかワビサビに通じるようなところもあります
 で、そのハイエース今年秋の排ガス規制に間に合うようマイナーチェンジするようです、当然価格も上乗せ今が売り時と会場のあちこちに見かけました
 これは安いうちに買っておくのが得策か、リセールバリューを考えたり長く使う事を考慮しきちんと対策のとられた車両か一概には言えませんが、私個人の意見としては自然を楽しみ愛しむのであれば環境を考えた商品をと願ってしまいます

07rvshow04.jpg 07rvshow05.jpg

 「トランポ」 トランスポーター、略してトランポです
輸送するもの・運び屋という意味ですが、この業界ではバイク運搬車を指します、サーキットレースやモトクロスする人は、たいていトランポを持っていますが、アウトドアではバイクを持っていければその行動範囲は飛躍的に増大します
 そんなことを鑑みてか数台展示されてました

07rvshow06.jpg 07rvshow07.jpg

 トレーラーファンの皆さん申し訳ございません、エアストリームしか写してきませんでした

07rvshow10.jpg 07rvshow11.jpg

 輸入車は認定型式の無い重量車については排ガス規制から除外、お目こぼしを受けていましたが、いよいよというかついにその日はやってくるようです、対策のとられた車も展示されていました、その他も含め欲しい車は一杯あります

07rvshow12.jpg 07rvshow13.jpg
07rvshow14.jpg 07rvshow15.jpg


 用品も随分売られています、特に目に付いたのがエコボックス環境への配慮でしょうか

07rvshow18.jpg 07rvshow19.jpg

 帰り際、羽田へと向かう車窓には幕張駐車場に佇むキャンピングカーが
 いったい何十台有るのでしょう、百数十台あるように見受けられました
 ちなみにこの後折角なので「八丈島」へ渡りました

07rvshow20.jpg

幕張メッセキャンピングRVショーのアルバム

HCF-172 おおたに


2007年02月12日

番外編 八丈島観光

date:2007/2/10~12


07hatijyou01.jpg

 東京都亜熱帯地区「八丈島」
 雪の札幌から折角千葉まで来たのですから、キャンピング&RVショーを見てそのまま帰るのはもったいない、羽田から45分のフライトの常春の島八丈島へと渡ります

 目的はしばらく焚き火もしていないし、そうだ炭焼きで「くさや」でも炙ろう
 そんな思いにぴったりの宿も見つけました「バンガロー・クー」
 徒歩1分に太平洋に突き出すような露天風呂のある「みはらしの湯」があります


07hatijyou02.jpg 07hatijyou03.jpg
07hatijyou04.jpg 07hatijyou05.jpg

窓からの眺めは絶景でした


07hatijyou06.jpg 07hatijyou07.jpg

翌朝は八丈富士(854m)登山、下山しまどろんでいると八丈牛が・・・ここは東京都のはず


07hatijyou08.jpg 07hatijyou09.jpg


 昼食は「あそこ寿司」
 釣り好きのご主人がお魚豆知識を披露するのを拝聴した後、食べるのがあそこ寿司流といわれるほど、独特の語りが売り?のお店


07hatijyou10.jpg 07hatijyou11.jpg

 づけの島寿司(要予約)、飛び魚のつみれ汁絶品でした


 「南原千畳岩」八丈富士からの溶岩流が海で冷えて固まったところ
 遠くには八丈小島が望めます


07hatijyou12.jpg 07hatijyou13.jpg


すさまじい風と波でした


07hatijyou14.jpg


八丈島のアイドル「キョン」
八丈植物公園にいました

手乗り鹿とも言われています

ガキデカで有名ですネ


八丈島には名湯が沢山しかも無料だったり銭湯料金程度だったりと温泉天国
ちなみに「裏見ヶ滝温泉」は写真の通り風情があるのですが、水着着用です


07hatijyou15.jpg 07hatijyou16.jpg


「裏見ヶ滝温泉」の名前の由来はこの裏見の滝

07hatijyou17.jpg 07hatijyou18.jpg

その名の通り裏から眺めてきました

その後、藍が江港にある「きらめきの湯」で足湯、浴槽の底にちりばめられた小石が気持ち良い

07hatijyou19.jpg

今日は神湊港防波堤でムロアジ釣りです
「体験フィッシング」ということで何とガイドの案内付です
道具のレンタルを含め全て「八丈島フィッシングCLUB」にお願いしました

07hatijyou20.jpg 07hatijyou21.jpg

07hatijyou22.jpg 07hatijyou23.jpg

キャンプのホームページなので最後に「底土野営場」の紹介
野営場と名が付けられておりますが、環境局管轄のキャンプ場です
 
底土は「竜宮城」への入り口があるとも言われております

07hatijyou24.jpg 07hatijyou25.jpg

八丈島観光のアルバム


HCF-172 おおたに

About 2007年02月

2007年02月にブログ「北海道キャンパーズ連盟 キャンプレポート」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34